飲酒運転の罰金が払えない時は?

飲酒運転で捕まると高額な罰金が科せられます。警視庁の公式HPによると、酒気帯び運転で3年以下の懲役又は50万円以下の罰金、酒酔い運転で5年以下の懲役又は100万円以下の罰金となります。

この罰金は、必ず一括払いが原則となります。徴収をするのは検察庁になり、12回払いでお願いしますなんて甘い条件は絶対に認めてくれません。悪いことをしたので当然と言えば当然ですね。

罰金が払えない場合は、刑務所または労役場で強制労働をさせられます。当然、その間は外に出ることは一切許されません。それを免れるためには、お金を借りてでも罰金を一括で納めなければいけません。

労役で刑務所送りになると、捕まったことが職場にもバレて退職を余儀なくされますし、親や家族に内緒にすることもできませんので、罰金の期日が迫っている場合は、一刻でも早く一括で払えるようにお金を準備しましょう。

どうしても罰金が一括で払えない場合は、アコムの最大30日間金利0円キャンペーンを活用しましょう。とりあえず罰金は一括で払わないといけないので、アコムで借りて納めて、アコムで借りた分を分割で払うととても楽になります。

アコムなら最大30日間は利息も付きませんし、当日融資も可能です。家族や会社には用途を説明する必要がないので、ひっそりと罰金を納めることができます。

↓アコムの3秒診断はコチラから↓

このページの先頭へ